輝きを長持ちさせよう!シルバーアクセのお手入れ

こんにちは!Roloアクセサリーのあきです。

お気に入りのシルバーアクセサリー、毎日使っていて、ふと見ると、なんだかくすんで、汚れてきてしまったので、きれいにしたいなあ・・・と思ったことありませんか?

アクセサリーの輝きを保つには、日常のこまめなお手入れが大切。

じゃあ、どうしたら良いの?

ティッシュで拭くという方もよくいらっしゃるのですが、ティッシュで拭くと表面が傷つきやすいので、要注意です。

そこでこの記事では、あなたの大切なシルバーアクセサリーを傷つけずに輝きを保たせるシルバークロスをご紹介。

磨いてはいけないアクセサリーや、してはいけない方法も書きますので、参考にされてください。

今すぐできるお手入れ方法

アクセサリーは、ずっと身につけていれば、身体の皮脂や汗・手を洗ったときの水・家事で付着する油分など、さまざまなものを触れて少しずつ汚れていきます。

だからこそ、1日の終わりに、アクセサリーを外す時にさっとできるようなお手入れ方法で、キレイな状態を保ちましょう(^^)

さっとシルバーをキレイにするために使えるおすすめアイテムがこちら↓

シルバー ポリッシング クロス

シルバー ポリッシング クロス

日常のちょっとした汚れや黒ずみは、シルバー専用フェルト地クロスで拭くだけでキレイになります!

ティッシュで磨くのはNG

冒頭でも触れましたが、よくありがちなNGシーンはティッシュで磨くこと。

ティッシュペーパーで磨くと逆にアクセサリーを傷つけてしまうので、ティッシュはやめましょう。

磨いてはいけないアクセサリー

研磨剤を含んだクロスは、拭くだけで小さな傷も輝きを取り戻すのでシルバーアクセサリーにとって必需品。

しかし、アクセサリーによってはこすってはいけないデザインや素材もありますので、事前に知っておきましょう!

磨いてはいけないアクセサリー

✔︎いぶし加工のアクセサリー

✔︎つや消し加工のアクセサリー

✔︎ダイヤ以外の宝石

✔︎コーティングが剥がれると困るアクセサリー

表面加工してあるものは、磨くことで一緒に落ちることを念頭に。

宝石がついたものやピアスも、宝石を避けて拭くように心がけましょう。

メッキ加工が重要なものは磨かない

シルバークロスは、地金のシルバーを美しくすることに長けています。

なので、それ以外のアクセサリー(メッキ加工を売りにしているアクセサリーなど)はコーティング加工が剥がれる可能性があります。

例えば、こういうアイテムには使わない方が良いです↓

純金厚メッキがお肌に優しいって本当?ピアスホールがカサカサになるのを未然に防ごう!

蓄積汚れは浮かして落とす

汚れを落とさず蓄積してしまった汚れは、つけ置き洗いでキレイにすることができます。

  • 中性洗剤(台所用洗剤によくあります)
  • ぬるま湯
  • 柔らかい布
  • 柔らかいブラシ

中性洗剤を溶かしたぬるま湯を洗面器などに用意。

アクセを数分つけ置きして、柔らかいブラシで優しくこする(なければ自分の手でこすってください)

付着した洗剤ごと洗い流して、柔らかい布で拭き取ったら完了です。

クロスでとれないものは、浮かして落としましょう!

ゆるっと ウェーブ オープン リング シルバー925 金属アレルギー対応ゆるっとウェーブ オープンリング シルバー925 金属アレルギー対応

注意
つけ置き洗いは、アクセサリーが水に濡れます。なので、例えばパール・べっ甲・宝石など濡れることで変色するかもしれないものは、あくまで拭いて磨くことに留めましょう!

輝きをキープして、気持ちの良いアクセサリーライフを

お気に入りのアクセサリーこそ、キレイな輝きをキープして日々使いたいものですよね♪*.。

日々のちょっとしたこまめな拭き取りだけでも、シルバーアクセサリーの輝きは、何もしないアクセサリーよりずっとずっと美しく使い続けられます。

ドロップデザインピアス シルバー925ドロップデザインピアス シルバー925

大切なのは、

汚れが蓄積しないように

気付いた時のこまめなお手入れです♪

ぜひ心がけてみてくださいね!

 

▼金属アレルギー対応アクセサリーブランド Rolo(ロロ)
https://roloshop.thebase.in/