LINEお友だち追加で300円OFFクーポンプレゼント

合金のアクセサリーには要注意!メリット・デメリットまとめ

こんにちは!Roloアクセサリーのakiです。

今回は、ネックレス・ピアス・リングの

素材:合金

素材:〇〇合金

この「合金」について。

合金って何?どんな素材?私は使えるの??という疑問を解消するため、「合金」のアクセサリーについてまとめたいと思います!

アクセサリーの合金とは?

貴金属と卑金属

金属には、貴金属卑金属という分類があります。

  • 貴金属=金属のうち化合物をつくりにくく希少性のある金属の総称
  • 卑金属=貴金属の対義語。空気中に放置するときに酸化しやすく、水分や二酸化炭素などによって容易に侵食される金属のこと

引用:.wikipedia

貴金属には、金・銀・プラチナがあります。

卑金属には、ニッケル・鉄・アルミニウム・すず・亜鉛・銅などがあります。

アクセサリーで見かける「素材:合金」とは、この卑金属を、複数まぜて合金化したもののことです。

これは、まぜる方がアクセサリーの耐久力が増したり加工しやすくなるからです。

アクセサリーの「合金」には色々ある

補足ですが、アクセサリーにはただの「合金」以外にも、色々な合金があります。

  • 亜鉛合金
  • 真鍮
  • ステンレス
  • チタン合金

亜鉛合金

亜鉛+アルミニウムなどの合金

亜鉛は、融点が低く(溶けやすく)て衝撃に強く、エンジンの部品や屋根の合金などにも多く使われています。

加工のしやすさからアクセサリーでも見かけやすいです。

関連記事↓

亜鉛合金のピアスは金属アレルギーでも安全??

真鍮

銅+亜鉛の合金

真鍮は、硬さ具合が貴金属と同じくらいあって加工がしやすいため、おしゃれなアクセサリーによく使われていますし、革小物の金属でも見かけやすいです。

関連記事↓

真鍮(ブラス)とは?金属アレルギーでもアクセサリーは使える?

ステンレス

ニッケル+クロム+鉄などの合金

ステンレスもアクセサリーでは見かけやすいですが、真鍮ほど柔軟な金属ではないので、デザインには限りがあります。

関連記事↓

金属アレルギーでもステンレスは大丈夫って本当?

チタン合金

チタン+アルミニウムなどの合金

チタンの持っている耐腐食性をアップさせるため、短所を補うために合金化されアクセサリーに使われていることがあります。

 

・・・などなど、一見「合金」と書かれてはいない金属も、実は合金だったりします。

ですがここでは

  • 金属が書かれてすらいないもの
  • 素材:合金

についてのメリットデメリットを説明します。

合金アクセサリーを選ぶメリット

「合金」は、卑金属を複数まぜて作られていると説明しましたが、そんな合金アクセサリーを選ぶメリットとは?

硬くて曲がりにくい

とくに貴金属は、純製であればあるほど柔らかくて曲がりやすい特徴があります。

これは卑金属でも同じ特徴のものがありますが、それらを合金にすることで硬さや丈夫さをアップしているため、合金アクセサリーはよっぽど力を加えなければ曲がりません。

とにかく安価で購入できる

一番のメリットはここに尽きると思います。

「素材:合金」しか記載のないアクセサリーは、高くても販売価格5000円以内でしか見かけたことがないのではないでしょうか?

これは、卑金属類が安価な金属だからです。

たとえば貴金属である金(ゴールド)の地金価格は、約7200円/g。それに対して、卑金属で使われやすいニッケルの地金価格は、約2.3円/gです。(2022年1月現在)

貴金属と卑金属の価格には、これだけ地金に雲泥の差があるので、加工・デザインその他コストを足したとしても、合金なら安価に商品提供をすることができるのです。

合金アクセサリーを選ぶデメリット

そんな、安価で丈夫な合金ですが、もしもあなたがアクセサリーを数回使ったら捨てるような消耗品としてではなく、長く大切に使っていきたい、と考えるなら。もしくは金属アレルギーなら。ぜひデメリットを知って、選びなおしてほしいです。

変色しやすい・錆びやすい

合金は、卑金属を複数まぜて作られる

ということですが、卑金属とは空気中に放置するときに酸化しやすく、水分や二酸化炭素などによって容易に侵食される金属のことです。

つまりそれは、変色しやすく錆びやすいということです。

金属アレルギーになりやすい

卑金属は

酸化しやすい=イオン化しやすい

ということですが、金属アレルギーとは金属がイオン化して皮膚のたんぱく質と合体することで起こります。

そのため

合金は、金属アレルギーが起きやすい

ということです。

私自身も金属アレルギー歴13年ですが、さっき説明した合金をはじめ「〇〇合金」アクセサリーもすべて、残念ながら金属アレルギーが発症します。どれだけ可愛かろうと関係ありません。

使えないと分かっているので見るだけ悲しくなるため、見もしません(T_T)

関連記事↓

ネックレスで首がかゆくなる・・私は金属アレルギー?原因と対処法

アクセサリーを長く使うために

フープピアス シルバー925
フープピアス シルバー925

このように合金アクセサリーには、丈夫で安価なメリットの反面、錆びやすく金属アレルギーが起きやすいデメリットがあります。

何に重点をおくかは人それぞれですが、いろいろ知ってくると、何となく見ていたアクセサリーも視点が増えておもしろいです。

もし、アクセサリーを長く、大切に使いたいと考えるなら、貴金属(金・銀・プラチナ)でできたアクセサリーから選びなおしてみてください。

もちろん合金に比べれば販売価格は上がりますが、5,000円前後から試せる貴金属アクセサリーはありますし、使えば使うほど、合金との違いはハッキリ実感してきます。

当店では金属アレルギーさん向けに商品をセレクトしているので、とくに金属アレルギーの方はのぞいてみて下さい(^^*)

金属アレルギーなのに合金アクセサリーを選んでしまった・検討中だった方は、もう一度この記事をおさらいして、アレルギーにきちんと対応できる金属を選びなおしてくださいね。