シルバーが変色!茶色を元に戻す方法や硫化について

こんにちは!Roloアクセサリーのあきです。

お気に入りのアクセサリーが、使用しているうちに、いつの間にか赤っぽく・茶色く変色していたことはありませんか??

この記事では、

✔️シルバーが変色する原因

✔️茶色い変色を元に戻す方法

✔️長く愛用するための金属選び

について、詳しくご紹介します!

シルバーが変色してしまう原因

まず変色には2通りあり、そのアクセサリーが・・・

  • シルバー色をした合金素材なのか
  • 素材がシルバーなのか

によって、原因が異なります。

シルバー色をした合金素材の場合

アクセサリーが、シルバー色をしている合金素材の場合、表面の銀色メッキが剥がれて、中の地金が見えているのかも。

地金とは、アクセサリーの芯になっている金属のことですが、合金としか表記がない・または何でできているか分からない状態で購入した場合、ほとんどの商品が安物の金属を使っています。

安物の金属は、安さに比例して錆びやすい金属な傾向があります。

なので、メッキが剥がれ、地金が錆びてくれば、気付いた頃には「あれ、変色してる…!」となってしまうのです。

錆びやすい金属

アクセサリーを長く愛用するためには、錆びにくい金属を自分で選ぶことも、とっても大切。

表の中で、アクセサリーにも使われる錆びやすい金属には・・・

  • アルミニウム
  • 亜鉛
  • ニッケル

この4つが多いです。

ちなみに、この錆びやすさは金属のイオン化傾向と関係していて、金属アレルギーを引き起こしやすい金属としても有名なので、ぜひ気を付けてくださいね。

関連記事↓

「純銅」ピアスって安全?金属アレルギーになりやすい金属ベスト10

素材がシルバーの場合

シルバー925、シルバー990、純銀などといった本体がシルバー製のアクセサリーは、錆の変色ではなく、硫化現象によって、茶色くなっています。

シルバーの硫化について

シルバーは錆びにくい金属ですが、きちんと保管せずに放置していると、空気中のわずかな硫黄分に反応し、少しずつ変色します。

これがシルバーの硫化現象です。

「硫黄に反応する」・・・というと、温泉にシルバーを連れて入ると、シルバーが真っ黒になるのも有名です。なので、温泉に入る時は着替えの時かその前に、身につけているシルバー製品は外しておきましょう。

関連記事↓

つけっぱなし シルバー925シルバー925のつけっぱなしは危ない?金属アレルギーとうまく付き合う心掛け

変色を元に戻す方法

シルバー色をした合金アクセサリーは、残念ですが、元に戻すことができません。買い替えが必要です。

しかし、素材がシルバーの場合、硫化でくすんだ変色は、磨けば元に戻すことができます。

たとえば、ちょうど私のシルバーバングルが茶色く変色していたので、シルバークロスで磨いてみました↓

違いを見ていただくために・・こちらが、磨く前の写真です。丸で囲っているところが、茶色くなっていました。

シルバークロスで変色した部分を磨くと、右のように使用した部分が黒くなります。

MEMO
当店の上記シルバークロスは、洗濯すると研磨効果がなくなってしまうので、そのまま使ってくださいね。

ちょっと分かりにくいですが、同じ箇所に丸をつけました。つるんとキレイになりました(^^*)

このように、シルバーの硫化は磨けば元に戻ります◎

関連記事↓

輝きを長持ちさせよう!シルバーアクセのお手入れ

アクセサリーを長く楽しむために

アクセサリーを、長く愛用したい。

そんな女性は、ぜひ、金属を見てアクセサリーを選びましょう。

先ほど触れた、ニッケル・鉄・亜鉛・アルミニウムなどは、ほとんど「素材 : 合金」と一括りにされています。

反対に、プラチナ・金・銀などは、錆びにくく、同時に金属アレルギーを引き起こしにくい金属と言われています。金属の価値が高いので、これらの金属を使用しているお店は、ほとんど素材表記をしています。

安物に比べれば、購入金額は高くなりますが、すぐに錆びて頻繁に買い替えることを考えると・・・結果的にきちんと素材を選んだ方が、時間をかけて選んだアクセサリーを長く愛用することができます。

金属アレルギー対応のアクセサリーショップRolo

Roloは、金属アレルギーによる、金属アレルギーさんのためのアクセサリーショップです。

取り扱いは主にシルバー925 製品が多いです。今後、他にも増やしていく予定です。

シルバー製品は錆びにくく、長く愛用していくと硫化によって少し変色することもありますが、簡単なお手入れで元の色味に戻ります。

また、硫化現象は「いぶし銀」とも呼ばれ、味わい深いデザインとしても親しまれています(^^)

各商品、モニターテストを実施

昨今、いろんなお店でシルバー925のアクセサリーを見かけることができますが、中には、実は割金にニッケルを使ったものや、実はシルバーの含有率が92.5%以下なのにシルバー925と謳っている、いわゆる偽物も存在しています。

関連記事↓

シルバー925のピアスやリングに偽物?刻印の信憑性や失敗しないための注意点

Roloでは、こういった問題のせいで金属アレルギーさんが「結局かゆくなった…」という経験をしないように、1つ1つのアクセサリーを、金属アレルギーである私自身で事前にモニターテストを実施。

本当に使えるかどうかを確認した後、取り扱いを決めて、販売しております。

まとめ

シルバーが赤っぽく変色してしまった場合はまず、そのアクセサリーの金属は何か、振り返ってみましょう。

シルバーの場合は磨いて取り除き、シルバー色の合金アクセサリーの場合は、一度、手元にあるアクセサリーの金属を見直してみてください(^^*)

 

▼金属アレルギー対応アクセサリーブランド Rolo(ロロ)
https://roloshop.thebase.in/