LINEお友だち追加で300円OFFクーポンプレゼント中

顔型に似合うピアスでバランスよく。コンプレックスを魅力にしよう

こんにちは!Roloアクセサリーのakiです。

華やかに、顔まわりを明るくするピアス。好きなデザインを着けるのも素敵ですが、顔型にぴったりなピアスもあります。

あなたは、どの顔型でしょうか??

↑これは、私が丸顔なのでまとめた記事です。

自分の顔型にコンプレックスを感じた経験はありませんか?

輪郭が悪目立ちしたらイヤだなあ・・

と思い、普段から髪型・トップスなどに気を使っている方もいるのでは。

そんな顔型を魅力的な個性として活かすために、この記事では顔型に似合うピアスの選び方をまとめます。

顔の輪郭で、ピアスを諦めないでください。

顔型に似合うピアスの選び方

丸顔とピアス

丸顔さんはその輪郭の柔らかさから、第一印象が「やさしそう」に見られることが多いのではないでしょうか。

ツンツンして見えにくいのは良いのですが、

  • 顔が大きく見える気がする…
  • 笑うと横に広がるのが気になる…
  • もっとシュッとした印象になりたいな…

などの悩みが。

別記事にも書きましたが、丸顔さんは輪郭の縦横比が同じくらいなので、縦ラインを強調するピアスが顔まわりをバランスよく見せるコツです。

モチーフも直線的で、縦に揺れ下がっているタイプ。

もう少しシャープに見られたい…という方には、縦の印象を与えて“揺れない”ドロップピアスがおすすめ。


ドロップフックピアス シルバー925

丸顔さんにあまりおすすめしないのは“大きめの真ん丸ピアス”です。

デザインは可愛いのですが、正面から見た時にお顔の丸さを強調している点が気になってくると思います。フープピアスは大きさによりますが、輪郭を切り込んでくれるので意外と似合います。

卵型とピアス

すべての顔型の中でも理想的なかたちと言われる、卵型。

顎も額も程よい丸みがありながら、きちんと立体感もある。

輪郭が悪目立ちするピアスは滅多にありませんので、卵型だと分かったら、服装やTPOに合った自分の好きなデザインを選びましょう。

自分の特徴でもっと絞りたい!方はこんな記事も参考にしてみてください↓

面長型とピアス

面長さんはその縦に長い輪郭から、大人っぽく見られやすいのが魅力です。

丸顔さんとは対照的に、そのままだとシュッと見えすぎることが多く、ピアスで柔らかさを入れるとバランスの取れた好印象になります。

たとえば、サークルシルエットのフープピアス、ラウンドタイプの丸いピアスは、顔まわりを柔らかく見せてくれます。

フェイスラインはキレイな縦シルエットなので、ピアスでは「縦ラインを強調しない」がポイント。

華やかさを取り入れるなら、縦揺れピアスより直接耳たぶにピタッとくるもので、ジルコニアやパール、石などポイントのあるピアスで華やかさを取り入れる方がバランスがとりやすいです。

逆三角型とピアス

逆三角さんは、あごのラインがスッキリしていることが魅力。

でも逆三角さんからすると、あごがシャープなので、

  • 別に頭が大きくないのに何となく頭が大きく見える気がする…
  • あごが尖って見える気がする…

という悩みも。

あごがシャープなことは他の人からすると羨ましいポイントでもありますが、細すぎると頭とのバランスが悪く感じることも。

そんな逆三角型さんには、下に垂れ下がったボリュームのあるピアス・揺れるピアスがおすすめ。

細いアゴの横にボリューム感のあるピアスでバランスを取ると、お顔全体の印象が明るく見えます。

また、ビジネスシーンでは揺れないドロップ型も良いです。

避けたいのは、先端に向かって細くなるデザインや、それこそ逆三角形のデザインピアス

そのモチーフが大きければ大きいほど、ほっそりしたアゴを強調してしまうので、バランスを考えたいなら避けましょう。

ベース・ひし型とピアス

  • エラが気になる…
  • 輪郭が男っぽい気がする…
  • 顔が大きく見える気がする…

ベース型(ひし型)の女性にも悩みがたくさん。

でも海外の女優さんってベース型の人が多いです。

ベース型は他の人より大人っぽくてハンサムな印象を作りやすいという魅力があります。

全体のバランスを取って似合うピアスを選ぶなら、丸みのある太くて小さめフープ、丸みを帯びたモチーフ

あと、ピタリとくるものが手元になくてすみませんが、大振りピアスなら大きなドロップ(しずく)型のピアスを使うと、ベース型のはっきりしたシルエットを柔らかく見せてくれておすすめできます。

おすすめではないのが、下にぶら下がって、モチーフの形が直線的なもの

曲線的で丸いデザインはエラの直角さを和らげてくれますが、直線モチーフ(スクエア・逆三角形など)がエラの近くにくると輪郭の存在感をより引き立ててしまいます。

最終確認は、正面から

片側から見たらかわいかったのに、正面から見たら何か違うかも・・?と思った経験のある方は、最終確認を正面から鏡で自分を見るようにしましょう。

試着がだめでもお店なら小さな鏡はおいてあるので、顔の近くにもってきて確認する。ネットショップなら、着用モデルさんの正面寄りの写真を参考にする等。

なければ、この記事も参考にしながらデザインを選んでみてください♪(^^)