もう失敗したくない!金属アレルギー対応アクセサリーの選び方

こんにちは!Roloアクセサリーのあきです。

金アレ女性

金属アレルギーでも大丈夫って書いてあったのに、結局かゆくなっちゃった・・。とりあえず捨てるしかないかあ・・。

こういう経験ありませんか?

私は金属アレルギーを発症してから、

こういう経験ばっかりでした(^^;

「アレルギーな自分でも使えるものってないの?」

って試しては、また使えない…。

うんざりでした。

 

なのでこの記事では、金属アレルギーになった方が

アクセサリーの購入で失敗しないための注意点、

アレルギーを予防できる金属選びをご紹介します!

ポイントを押さえて、かゆいかゆいアクセサリーライフから卒業しましょう!

初めて金属アレルギーになったアクセサリーは?

アクセサリー

ちょっと思い出していただきたいのですが、

あなたが初めて金属アレルギーを発症した

アクセサリーは何でしたか?

 

ちなみに私は、ニッケル製のロングネックレスです。

金属アレルギーはアクセサリーだと多くの場合、

ニッケル、コバルトという金属素材が

金属アレルギーの原因になるケースが多いです。

▼金属アレルギーを引き起こす金属の関連記事
「純銅」ピアスって安全?金属アレルギーになりやすい金属ベスト10

MEMO
自分が、どの金属で金属アレルギーを引き起こしているかをより正確に特定したい場合、病院でパッチテストを受診することもできます。費用的には検査単体で1,000〜1,500円程度。そこに初診料を乗せるくらいの予算があればできます。

「ニッケルフリー」=金属アレルギー対応ではない

金アレ女性

ニッケルフリーなのに、かゆくなった・・・

こういう方に一番多い間違いは・・・

「ニッケルフリー 」は「ニッケルを使っていない」

という意味ではないことを、知らないことです!

ニッケルフリー とは「ニッケルの含有量が少ない」

というだけなので、ニッケルは少量使っているのです。

そのため、ニッケルフリーで金属アレルギーが起きる人は、その少量入っているニッケルで結局は肌が荒れてしまうのです…。

▼参考記事
ニッケルフリーなのに何故かゆくなる?金属アレルギーの人に知ってほしい!ニッケルフリーとは
ノンニッケルって?ニッケルフリーとの違いと豆知識

 

金属アレルギーならば、少なくとも

  • ニッケルフリー
  • ノンニッケル
  • nickel free
  • non nickel

などと書かれているものは、

ひとまず購入対象外と考えてください。

何の金属なのか分からないものも購入対象外

さらに、金属アレルギーなら、素材に

「合金」しか書いていないアクセサリー

も絶対にやめた方が良いです。

ネットショップで買い物していると、

「素材:合金」とまとめられているアクセサリーをたくさん見かけます。

 

「合金」としか書いていないものは、

何の金属で作られているか分からないですし、

書いていないということは、

金属はその商品の売りではないということ。

 

ということは、ニッケルなどの安価な金属で

本体が作られている可能性が非常に高いのです。

また、ネットだけではなく実店舗でも

何でできてるか記載のないアクセサリーは

同じことなので、選ばない方が無難と言えます。

〇〇ポストも不向き!

ピアスの場合のみですが、

  • チタンポスト
  • 樹脂ポスト
  • シルバー925ポスト

 

などなど

ポスト部分がアレルギー対応してますよと。

アピールしている商品がありますが、

金属アレルギーの私目線からすると、

ポストしか金属アレルギー対応していないのは、金属アレルギー対応ではありません。

なぜかというと、

本体にニッケルが含まれていると、

本体と触れる部分が結局荒れてくるからです・・。

金属の説明がなく、ポストだけ

チタンポスト、

樹脂ポスト、

〇〇ポスト…

としか書いていないピアスは、

ほとんど本体にニッケルを含みます。

金属アレルギーの方が安心して使うピアスとしては実は不向きです。

樹脂ピアスも・・・△

金アレ女性

もう何つけてもかゆくなるじゃん・・金属はもう着けたくない!

そう思った人は、ピアス・イヤリングなら

樹脂ピアスを選ぶ人も多いと思います。

かつては、私もその一人でした。

樹脂 イヤリング

ラクですよね。

金属じゃないし。実はダメでしたってならない。

安心ですよね。

 

でも、樹脂ピアスは使い倒した結果、

ちょっと微妙だと思っています。

樹脂ピアス最大の欠点は「大切に長く使えないこと」です。

また、〇〇ポストと同じく、

本体のせいで金属アレルギーになることもあります。

▼想いの丈をまとめた記事です。よかったらご参照ください。笑
金属アレルギーだからといって、樹脂ピアスばかりを選ばない方がいい理由

金属アレルギーでも使える金属は?

じゃあ何を選べばいいの?

もうアクセサリー諦めた方がいいの?

と不安になりますが、大丈夫です。

金属アレルギーでも使える金属はあります。

例えば、金・銀・プラチナ・純チタン

金属アレルギーの方でも

かゆい・赤い・肌がカサカサになりにくい!

代表的な金属です。

その金属が金属アレルギーにならない理由

金属アレルギーは、

人の汗で溶け出た金属イオンが、

皮膚のタンパク質と結合すると

アレルギーが発症します。

金・銀・プラチナ・純チタンなどは

この金属イオンがとても溶け出にくいので、

金属アレルギーでも着けられるんです。

▼関連記事
指輪が急にかゆくなる…金属アレルギーって?安全に使えるシルバ−925商品はコレ!

高価な金属がアレルギーにならない理由

高価な腕時計やリングでは、

金属アレルギーが起こらなかった・・って経験ありませんか?

 

私がこれをはじめて経験したとき、漠然と

「お高い金属はアレルギーにならないの?苦笑」

と、もやもやっとしていました。

一応これらもきちんと理由があり、

高価(売価3万円以上位〜)な腕時計やリングは、

金・銀・プラチナ・純チタンなど

金属アレルギーになりにくい金属でできていることが多いのです。

実際ブランドの公式オンラインショップで

素材を改めて確認してみると、純プラチナ製の腕時計は多いです。

MEMO
高い=絶対ではないので、ブランド品などでも購入前に、公式オンラインショップや店舗の店員さんに素材確認をするのがおすすめです

金属アレルギーでも使えるアクセサリー選びを

金アレ女性

ってことは・・ブランド商品や高価なアクセサリーしか無理ってこと?

そんな気持ちになるかもしれません。

もちろん、ハイブランド商品は

品質・デザイン共にこだわっているものが多く、

金属アレルギー的にも安心できるものは多いです。

 

でも、もう少し身近で手が届きやすく、金属アレルギーになりにくいものはあります。

それが当店Roloで取り扱っているシルバー925のアクセサリーです。

 

過去の金属アレルギーによる失敗経験から、

同じ金属アレルギーさんのために商品選びをすることにしました。

販売までに必ず着用テストを行い、店舗としてもアレルギー反応が起きないことを確認してから販売しています。

金属アレルギー対応 アクセサリー ネックレス リング ピアス イヤーカフ

金属アレルギーだからって、アクセサリーをぜんぶ諦めてしまうのは本当にもったいないです。

きちんと選べば、今まで通りアクセサリーを選ぶことができます。

 

Roloは金属アレルギーの方のために、

「自分でも大丈夫なんだ!」という

新しい発見を提供していきます(^^)*.。

 

▼シルバー925の魅力はこちら
シルバー925ってなに?その特徴や魅力を解説!

 

▼金属アレルギー対応アクセサリーショップ Rolo(ロロ)
https://roloshop.thebase.in/

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です