金属アレルギーでもステンレスは大丈夫って本当?

サージカルステンレスが金属アレルギー対応らしいから、ステンレスも大丈夫なのかなー?

金属アレルギーさん

あき

こういう疑問を持ってる方は多いです。でも、サージカルステンレスとステンレスは別物ですし、金属アレルギーならおすすめしません。先走って購入せず、まずはこの記事を読んでください!

サージカルステンレスとステンレスは、イコールではありません。

そして、ステンレスは金属アレルギーの人におすすめしません。

この記事では、ステンレスがなぜ金属アレルギーさんにおすすめできないのかを解説します!焦って失敗しないためにも、まずはチェックしてみてくださいね。

ステンレスとは?

ステンレスとは略称で、ステンレススチール(Staineless steel)が正しい名称です。英語でstainelessは「錆びない、汚れない」steelは「鋼」とそれぞれの意味があります。

このことからもステンレスは「錆びにくく、汚れにくい鋼」ということです。基本的にステンレスは、鉄を主成分にして、そこにニッケルなどを含有させた合金鋼で錆びにくさを維持しています。この錆びにくい性質や腐食・酸化・熱に耐えるという性質のおかげで、世界中、各方面で使われています。

ステンレスが金属アレルギーさんにおすすめできない理由

ステンレスは、鉄と主にニッケルの合金でできています。なので、簡単にいうとこの金属がそれぞれ金属アレルギー症状が起きやすい金属なので、おすすめができません。

アレルギー症状が起きやすい金属

金属アレルギー症状が起きやすい金属は、なりやすいものから順に以下があります。

  • ニッケル
  • コバルト
  • スズ
  • 水銀
  • 亜鉛
  • パラジウム
  • クロム
  • アルミニウム
上のものほど、銀イオンが金属から溶け出しやすく肌がただれる確率が高くなるので、おすすめしません。
とくに一番上のニッケルは、金属アレルギーの大多数を占めている金属です。

金属アレルギーの私も、少量のニッケル合金というだけでお肌が荒れます。ステンレスはニッケル合金を含みますので、同じアレルギーの方ならやめておいた方が良いです。

サージカルステンレスについて

一方、ステンレスアクセサリーといえば、サージカルステンレスが有名ですよね。
“医療用ステンレス”とも呼ばれ、その名の通り、医療現場でも使用されるステンレスです。

実は、“サージカルステンレス”という名前はステンレスの分類に存在していません。JIS規格で

  • SUS316
  • SUS316LVM
  • SUS4202J2
  • SUS431
  • SUS440
  • SUS630

と分類されるステンレスが、通称「サージカルステンレス」と一括りに呼ばれています。
https://www.metal-allergy.jp/stainless.htmlより抜粋)

このJIS規格の中でも特に錆びにくく、より金属イオンが溶け出にくい性質を持つものがSUS316L。これが金属アレルギーになりにくいサージカルステンレスと呼ばれるものです。
一番腐食しにくく、アレルギーが起こりにくいと言われています。

じゃあサージカルステンレスなら使ってもいいの??ということですが、サージカルステンレスとは主にクロム、ニッケル、モリブデン、鉄の金属でできています。

さっきの金属をチェックしていれば、もう気付いたかと思いますが、素材としては…ちょっと不安なのです。

強いて言うなら、「自分が使用してみて大丈夫だった」というなら自分用にはOKでしょう。
ですが、ニッケルで即アレルギーになる可能性もありますので、心配な方は避けてほしいです。

金属アレルギーが起こりにくい金属を

ステンレスの金属アレルギー事情について説明してきました。

ステンレスは、使われている素材がアレルゲンになりやすいので、金属アレルギーの方は使用を避けていただければと思います。

また、このブログでも金属アレルギーになりやすい・なりにくい金属のご紹介をしておりますが、金属である限り、100%アレルギーが起こらないとは、どの金属でも言い切れはしません。

でも、金属アレルギーなのに症状が起きにくい金属はあります。

金属アレルギーさんがアクセサリー購入時に、失敗しないための注意点もまとめていますので、よかったら参考にしてみてください↓
もう失敗したくない!金属アレルギー対応アクセサリーの選び方

 

▼金属アレルギー対応アクセサリーブランド Rolo(ロロ)
https://roloshop.thebase.in/

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です