LINEお友だち追加で300円OFFクーポンプレゼント中

ネックレスで首がかゆくなる・・私は金属アレルギー?原因と対処法

こんにちは!Roloアクセサリーのakiです。

「ネックレスをつけていたら、これまで使えたネックレスでも、首回りが赤く、かゆくなった」ことはありませんか?

  • 汗をかく季節だから・・・?
  • お肌が乾燥してるから・・・?

 

いえ、それはもしかすると金属アレルギーかも。

そのまま放置したら、大変なことになるかもしれません。。。

 

この記事では、金属アレルギーの原因・対処法

金属アレルギーになっても使えるアクセサリーをご紹介します!

金属アレルギーが起きるメカニズム

金属アレルギー イメージ

身体は、体温調節のため常に汗を出しています。

汗をかくと、身につけている金属からは金属イオンと呼ばれる物質が溶け出し、皮膚上にあるタンパク質と合体して化学反応が起こります。

そこで生まれるのが、アレルゲン(アレルギーの原因)です。

これが、身体の中に少しずつ蓄積されていき、自分の許容量を越えると金属アレルギーが起きるのです。

金属アレルギーは、突然発症する

金属アレルギー

金属アレルギーは、後天性のアレルギーです。

これまでは「金属アレルギーじゃないから、自分には関係ない」と思っていた人でも、あとから突然なるのが金属アレルギーです。

そのため、これまで使えていたネックレスでも、ある時から突然耐えられないほどに皮膚がかゆく、赤くなって使えなくなることは、金属アレルギーではよくあります。

身近な金属も、アレルギーを起こしやすい

同じ金属でも、アレルギーを引き起こしやすい金属・起こしにくい金属があります。

起こしやすい金属で絶対に覚えておきたいのは、
ニッケルです。

ニッケルは、安価なネックレス・ピアス・リングなどのアクセサリーによく使われています。

アクセサリーの他にも‥

  • 腕時計
  • めがね
  • ブラジャーの形状記憶合金
  • ベルトの金属
  • ショルダーバッグの金属

などなど・・・結構あります。

しかしニッケルは、本体から溶け出す細胞毒性の強さが指摘されており、ヨーロッパではアクセサリーへの使用も規制されています

一方、日本ではまだそこまできっちりとした規制がされていません。

対応策として‥

  • ニッケルフリー
  • ニッケルオフ
  • ノンニッケル

と呼ばれるアクセサリーを日本でたくさん見かけることはできますが、これらの製品は「ニッケルを含まない」のではなく「ニッケルの含有量が少ない」というだけで、裁量はメーカーさんに一任されている、というのが現状です。

そのため、金属アレルギーを避けるためにニッケルフリーを選んでも、意味はありません。

ぜひ注意して避けてほしいと思います。

関連記事↓

ニッケルフリーがかゆい原因って?ニッケルフリーとは 「純銅」ピアスって安全?金属アレルギーになりやすい金属ベスト10

金属で首がかゆく赤くなったら‥

ネックレス かゆい

皮膚がかゆく、赤くなる理由には、お肌の乾燥や蕁麻疹もありますが、同じネックレスをつけた時だけ首が赤くなるなら、金属アレルギーを疑ったほうが良いです。

症状が軽いうちは、金属を外して数日おいても治ります。

しかし・・・

ちょっとかゆいだけだから

と思って、金属アレルギーのまま同じアクセサリーを使い続けていれば、症状はどんどん悪化します。

症状がひどい時は、皮膚科でステロイドを処方してもらうのをおすすめします。

「大げさな‥」「病院に行くのは億劫だ」という方もいるかもしれませんが、処方していただくと、放置するよりずっと治りが速いので、本当にひどい状態の時は、ぜひ病院の先生に相談しその日からお薬を使ってください。

防ごう!金属アレルギーの対処法

金属アレルギー症状を抑えるためには、まず原因になる金属を避けることが大事です。

そして、もし金属アレルギーになってしまったら、日常から気をつけてほしい心がけが3つあります。

①汗をかく時は、アクセサリーを着けない

運動

ジム、イベント、ライブ、ランニングなど、汗をかきそうな場面では、あらかじめアクセサリーを外しておく方が良いです。

ついついつけっぱなしちゃう人は、帰ったら外す、お風呂前には外すクセをつけましょう。

②小物の金属も気をつける

小物 金属アレルギー

ネックレスやアクセサリー以外にも、金属アレルギーになるものがあります(´・_・`)

例えば腕時計・バッグのチェーン・ベルトなど。

特に腕時計は、要注意。

私は腕時計の盤面裏側や、ベルトの金属で赤く、かゆくなりました(´・_・`)

それからいくつも腕時計を試しました。。

その中でもおすすめなのは、木製の腕時計です。

木製の腕時計

↑例えばこれは、私の持ってる腕時計。

バックル部分を+500円でチタンに取り替えて頂き外出時でも安心して身につけています。

全体が木製でできてるのがポイントです◎

③アレルギーを起こしにくい金属を選ぶ

アクセサリー 金属アレルギー

一度、金属アレルギーになったら

アクセサリーを全て諦めないといけないの?

と思われがちですが、そんなことはありません。

金、銀、純チタン、プラチナは汗に溶けにくい金属で、一般的にも金属アレルギーが起こらないと言われ、購入時に選ぶと安全です。

関連記事↓

アクセサリーに使われる金属の種類について

このとき、注意してほしいポイントは、部分的にしかその金属を使っていないアクセサリーは、避けること。

例えば・・・

  • チタンポスト
  • シルバー925ポスト
  • プレーティング

「〇〇ポスト(ピアスを耳に差し込む部分)」と書いているものは、本体にはニッケルやコバルトなど、金属アレルギーになりやすい金属を使っていることが多いです。

ネックレスで首が痒い!というのも、その金属がニッケルでできている可能性が高いです。私の経験上チタンポストでも、飾り部分が耳に密着すれば結局はアレルギー症状が出ました…。

また、「〇〇プレーティング」という表記もよくありますが、これは、表面のメッキ処理のことです。表面は覆われていますが、メッキ処理は使用と共に、だんだん剥がれます。

もしも、芯になっている地金がニッケルやコバルトといった安価な合金だったら、メッキが剥がれた瞬間、金属アレルギーを発症するという話は多いです。

関連記事↓

金メッキはアレルギーでも安全?金と金メッキの違い

金属アレルギーさんのためのアクセサリーブランド【Rolo】

汗に溶けにくく、金属アレルギーになりにくい素材の中でも、とくに当店Roloからは、シルバー925をおすすめしています。

 

スポーツジム 汗

私はネックレスで首が赤くなった日から、ずっとメタル系ネックレスは避けてきました。

しかし、シルバー925のネックレスをはずし忘れ、ジムで走ってきたのに、赤くならなかった経験から、その感動体験を軸にセレクトすることにしました。

 

一点一点、金属アレルギーの自分自身の体でも、異常がないかを確認しています。

自分の身体でもサンプルを着用チェックしてから出品!

同じ金属アレルギーの方なら、きっと新しくて大きな発見になること間違いなしです♪*.。

良ければのぞいてみて下さいね(^^)

 

▼金属アレルギー対応アクセサリーショップ Rolo(ロロ)
https://roloshop.thebase.in/