可愛いよりも綺麗と言われたい!綺麗へ近づくために出来ること

こんにちは!Roloアクセサリーのあきです。

「かわいいね」「可愛らしいね」はうれしい褒め言葉ですが、本当は「綺麗」「美人」と呼ばれたいなあ・・・と思ったことはありませんか?

私は、あります!

「綺麗」と「可愛い」の違いとは?

「綺麗」と「可愛い」の違いとは?なぜいつも「可愛いね」なのでしょう?

01: 顔立ち

見た目の話では、綺麗と呼ばれる人は、切れ長の目に、鼻筋が通っていて、フェイスラインがシャープなので、大人っぽく見える人。そういう人が「綺麗な女性」と分類されている傾向があります。

一方で、目元、鼻筋、フェイスラインなどに丸みがあり、童顔な顔立ち「可愛い女性」に分類されることが多いです。幼く見えやすい人っていうイメージです。

02: 雰囲気や所作

挙動の違いでも、「綺麗」と「可愛い」それぞれイメージが違います。

「綺麗」と認識されやすいのは、おしとやかで、ゆっくりと動く、落ち着きのある話し方。これは、その動きに大人の雰囲気を感じやすいからです。

一方で「可愛い」と認識されやすいのは、簡単にいうと元気な印象の人。身振り手振りが多かったり、小回りのきく動きをしている人は、小動物っぽくて可愛いと思われやすいです。

03: スタイル

体型がプニプニしている人は「可愛い」と言われやすく、適度に引き締まった身体つきの人の方が「綺麗だね」と言われやすいです。つまり、健康意識を持ち自分のスタイルを維持している女性であることも、綺麗と呼ばれることが多いのです。

また、普段の姿勢もピンとしている方が、凛とした印象で綺麗に見えます。

「綺麗」を自分で作る!!

顔立ちは個性なので受け入れるべきですが、「可愛いね」よりも「きれいだね」と呼ばれるために、自分でできることはあります。

「綺麗な人」は、その内面においても大切なことがあります。でもここでは、あくまで「可愛い」人が「きれいだね」と呼ばれるような印象を持つために、結果を得やすい外面での変更方法を紹介します!

1.  ヘアスタイルを変える

先の「綺麗」と「可愛い」の違いではっきりしたことは、大人っぽい雰囲気か、子どもっぽい雰囲気かどうかです。

ヘアカラーは、明るいより落ち着いた暗めのカラーを選ぶ方が大人っぽく見えやすいです。色味は顔立ちとの相性もあるので美容師さんへも相談してみましょう。

髪型が変わるだけでも女性は印象がガラッと変わります。ハーフアップのヘアアレンジを取り入れて見たり、いつもストレートの人がコテで巻いているだけでも雰囲気が変わります。

コテの使い方では、内巻きよりも外巻きを多めに取り入れる方が大人っぽい髪型になりやすいです。

2.  メイクを変える

女性はメイクひとつで目や口元の印象がガラッと変わります。例えば、色白な人が口紅を取り入れるだけで大人っぽく見えます。

あとは骨格や肌の色にあったメイクをする、アイラインの引き方でも大人っぽい目元に見せることができます。

3.  ファッションを大人っぽくする

メイクやヘアスタイルよりも素早く変われるのはファッションです。

服装で大人っぽく見えやすいのは、まずモノクロコーデ

白ワンピースも清楚な印象を与えますし、黒で若干ボディラインがわかるトップスやワンピースは、大人っぽい雰囲気を醸し出します。

一歩ずつ、理想の自分へ

「可愛いね」よりも「綺麗だね」って呼ばれるためにできることを紹介しました。

綺麗は、持って生まれた顔立ちだけでなく、その女性の動きやファッションでも作れます。

自分のペースで少しずつ、一つずつ、理想の自分に近づく努力を進めていきましょう。

 

また、私がそうであるように丸顔の人は可愛いと言われやすい人です。

丸みは、顔も身体も「可愛い」と思われやすいのです。

そこでRoloでできることは、ピアスでも大人っぽく見せること。丸顔さん向けの記事も参考にしてみて下さい↓

丸顔を小顔に見せるピアステクニック!

▼金属アレルギー対応アクセサリーブランド Rolo(ロロ)
https://roloshop.thebase.in/