吾峠呼世晴さんに関心が生まれて、鬼滅の刃を読破してしまった話

完結しているヒット漫画「鬼滅の刃」を

読破してしまいました。

 

もともと映画、音楽、漫画は好きなのです。

 

漫画は、小・中学生の頃、父がジャンプだけは毎週なぜか欠かさず買ってくるのを

つられて読んでいた影響で、少女漫画より少年漫画の方が好きになって育ちました。

 

音楽は、猛烈に忙しかった会社員時代でも

好きなバンドやグループのライブには、

有給を取ってでも行っていました。

 

映画も休日になると一本くらいは

TSUTAYAで借りては一人暮らしの家の中で見てました。

 

しかし、ここ数年は仕事に忙しくしていたら

めっきり離れてしまい。

 

少し時間に余裕が出てきたと思ったら、

世界的に新型コロナが大流行。

 

行きたいライブも未だに自粛しております。

 

だんだん前よりも、エンタメに疎くなりつつあるなとは感じていました。

 

なので、毎月行っているネイルサロンで

アマゾンプライムで好きな作品見てもいいよと言われたので、

すでにヒットしてニュースに上がってきていた鬼滅の刃を、

社会勉強のつもりで4話まで見てしまったのが始まりでした。

 

「アマゾンプライム」って?

アマゾンプライム

有名なサービスではありますが、

月額500円/月で映画・漫画が見放題、音楽が200万曲聴き放題のサービス。

 

エンタメ好きにはコスパが最高に良いサービス。

ちなみに鬼滅の刃は会員であれば、全話(26話)を無料でいつでも見られます。

 

30日間が無料なので、見たい作品だけを見てすぐにやめてもOK。

 

 

鬼滅の刃について

鬼滅の刃

「売れたから見る」ということに

抵抗がある方もいますが、

私はむしろその位売れてくれてないと、

見つけることがなく、なかなかアニメを見る機会がありません。

 

 

鬼滅の刃は所謂「ブラックファンタジー」です。

▼あらすじ引用

物語の舞台は大正時代の日本。
主人公である炭売りの少年・竈門炭治郎は母親と5人の弟妹たちと、山奥で貧しいながらも幸せに暮らしていました。しかし、ある日仕事から帰ってくると、何者かに殺された家族の無惨な遺体が……。唯一生き残った禰豆子を背負い医者に見せようとするも、禰豆子は鬼化して炭治郎に襲いかかってきます。
そこに現れたのが“鬼殺”の剣士、冨岡義勇。彼の導きによって、家族の仇を討ち、禰豆子を人間に戻すための炭治郎の旅が始まる――。https://booklive.jp/bkmr/kimetsu

 

ちょっとグロみ表現もあったので、

私は学生の記憶から、まさかこの作品が

少年ジャンプで連載してるとは最初、

思いもしませんでした。

 

「数年でジャンプ漫画変わったなあ」と。

 

そして、作者が私と同じ女性で、

生まれ年が同じだということを後から知り、

単純に

「まだこの年齢でこんなヒット作って、生み出せるんだ」

っていう作者に対する関心と感動が生まれました。

 

 

長すぎない・クドくないのも魅力

煉獄さん

この作品は、漫画が全巻26巻と

映画の興行収入が1位になった漫画としては、

異例の短さで終わっています。

 

それも、「読破できそう」と感じた理由の一つです。

 

一説には、作者の事情で連載当初から

終われば地元に帰る予定が決まっており、

ヒットしたことによって

長く続けてほしいとのお声はかかっていたけれど、

予定通りに完結させたという話も。

 

また、作品の中に描かれている

それぞれのキャラクター描写や事情も、

すっ飛ばさずに結構丁寧に描いているので、

すっと感動することができる、その上でクドくない。

押し付けがましくない。

無理に引き延ばしていないので、

物語がサクサク進んでいくので見やすい。

そして、主人公が割と普通の男の子で

強くなるための泥臭い努力が描かれているのも良い。

 

この辺りが、本当にしばらく漫画離れしていた私がついつい読破しちゃった要因だなあと思います。

 

また続きは2021年、続きのアニメ放映予定があるそうですが、

私は映画以降の物語を原作で読み、

完結までの間に、3回は感動して泣けてきました。

 

ふだん漫画を読まない方でも読みやすくできているので、

たまには、息抜きで漫画を読むのも良いですよ♪*.。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です