日常はそれだけで価値があると嫌でも感じる物語 – 「約束のネバーランド」1期

こんにちは(^^)akiです。

先日仕事の合間に「約束のネバーランド」アニメの1期を見ました。

 

今回はアクセサリーと関係ないですが

大人が楽しめるアニメだったので、おすすめしてみます。

 

yakuneba-ten.jp

 

『約束のネバーランド』は、2020年に

実写映画化されたことで

その知名度が爆上がりしました。

私は実写などより原作が知りたい派なので、

大元の漫画を調べました。

最初は「絵のタッチが可愛いらしいな」という

謎の抵抗がはじめはありましたが、見てみたらなかなか大人でも楽しめる理由があります。

 

その可愛らしさとは裏腹に、結構ホラー物語です。

これを観るのをおすすめできる方は…

  • 怖いもの見たさ
  • ダークファンタジー好き
  • 最近なんとなく刺激が足りない

あらすじ

農園

舞台は2045年。食料として農園に生まれてくる

人間の子どもたちの物語。

この農園で生活する子どもたちは、

自分が食料として生まれたことを知らされず育ち

6〜12歳になったら、何も知らずに商品として出荷されます。

 

そのため、大人になることも、

外の世界を知ることもできません。

 

怖いですね!

 

人間を食べるのはと呼ばれる化け物ですが、

その子どもを商品として仕上がるまで

育てているのは、同じ人間の大人。

ちなみに“ネバーランド”の意味は

ネバーランド(Neverland)は、ピーター・パンの物語に登場する架空の国である。親とはぐれ年を取らなくなった子どもたちが妖精とともに暮らす。

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

農園の子どもは出荷され続けるので、

一生子どもだけが暮らす世界。

だからネバーランドなんですね。

 

食料の子どもたちは、

ここは孤児院で、出荷は里親が見つかったのだと

大人に騙され、暮らしています。

でもある日、ここに暮らす子どもたちの

主人公・エマとノーマンは、自分たちの妹が

出荷の夜に忘れていった大切なぬいぐるみを

届けるために、後を追います。

その先で見たのは、里親とこれから幸せに暮らすはずだった

妹の変わり果てた姿。

鬼と呼ばれる化け物のやり取りを隠れて全て聴き

自分たちが食料として育てられていることを

はじめて知ることから物語は始まります。

アニプレックス YouTube チャンネル

 

「生き残りたい」というそれぞれの描写が大人でも楽しめる

この物語の良さは、フィクションだけど

私たちの世界でも通じる不気味さとリアルさです。

  • 人間のエゴさ
  • 自分の命より大切な人を守りたい人間の美しい部分
  • 目をつぶって長く生きる=「幸せ」なのか
  • 自由をえらぶ過酷さ

といった生死に対する人間の疑問や、

生き残るためにもがくリアルな現実社会の人間

を写したような描写が、

なかなか現実的に描かれていることだと思います。

 

なので、ストーリー設定上の秩序に逆らう人間の

厳しく、残酷な末路も描かれるので、

ほっこりしたい時は見ない方が良さそう。

これ本当に子ども見てるのかな?汗

最後まで恐ろしい雰囲気があります。

 

生き延びるために子どもを犠牲にする大人達を

どう出し抜こうか頭を捻る子どもたちの

ストーリーは、クセになる人は何度か見たくなる物語です。

 

日常は他の生き物の犠牲で成り立っていることも感じる

家畜

これを見て、いつも私たちが食べている

牛、豚、鶏の「家畜場」を思い出した方は多いはず。

 

もしも私たちと同じように知能を持っていて

お互いコミュニケーションが取れたら…。

 

冒頭で「怖いですね!」と言っておきながら、

私は人間じゃない肉ならば毎日食べてますね。

 

また、スーパーで買った肉は食べられるけど

そのための屠殺(家畜を食肉にするために殺すこと)は

見られないという女子は多いです。

私も、できることなら見たくはないです(´・_・`)

 

でも、

牛肉、豚肉、鶏肉はスーパーで買えてたり、

飲食店でメニューとして提供されているのは、

=人が家畜を育てて屠殺している事実とは、

切っても切り離せない関係ですよね。

日常すぎて、今や意識しないくらいです。

 

牛丼の牛肉、チキン南蛮の鶏、

ハンバーグの豚ひき肉にと、

毎日どこかで栄養源にしています。

そしてそれで今日も明日もいろんな仕事や遊びや活動をしている。

 

そうして生きている以上、日常自体が

なにかしら、ほかの生き物を知らず知らずに

ある意味、犠牲にしながら自分が生きている。

そのものがすごいことだと嫌でも感じる、良作でした。

 

アニメは12話、前後とCM飛ばしで3時間半くらいで見られます。

息抜きに見るにもちょうど良い短さでオススメです(^^)

 

MEMO
漫画は人気に火がつき2期まで連載して完結しました。個人的にアニメだけを見るなら1期だけで良いと思います。アニメ2期は原作を改変されすぎていて、1期で素晴らしいと感じたストーリーの緻密さを期待して見ると一気に幻滅します…

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です