LINEお友だち追加で300円OFFクーポンプレゼント中

金属アレルギーをセカンドピアスで発症しないために重要なこと

こんにちは!Roloアクセサリーのakiです。

セカンドピアスって知ってますか??ファーストピアスの次につけるピアスのことです。

ファーストピアスは有名ですが、その直後につけるピアスを“セカンドピアス”と意識していない人は多く、私もその一人でした。

ピアスホールが不安定な期間は、金属アレルギーの発症リスクが高い期間です。

この記事ではピアスユーザーに軽視されがちなセカンドピアスの重要性や、選ぶポイントについてまとめます。

ピアスホールを開けたい人・開けたての人には、特にチェックしていただきたいです。

セカンドピアスの重要性

ファーストピアスを3ヶ月つけっぱなしにしただけでは、本当の意味でピアスホールは安定してくれません。。

身体にとってピアスホールは傷口のようなものなので、個人差はあっても約1年は意識してピアスをし続けないと、すぐに塞がってしまいます。

そんなにかからなかったよ?という方もいるかもしれません。ですが、それはとっても羨ましい少数派です。

そのため、ファーストピアスの次につけるピアスもしばらくつけっぱなしにしておく必要があります。

じゃあ、ファーストピアスをそのまま1年位つけっぱなしにしておけば良いのでは??

と思われた方もいるのではないでしょうか。

確かに、ファーストピアスをずっとつけっぱなしにする選択肢も考えられます。

でも、ファーストピアスって樹脂製とかクリアなものを使っていませんか??

樹脂ポストピアスもそうなんですが、樹脂は使えば使うほど、目には見えない細かい傷が表面にできていて、そこから細菌が繁殖して気が付くと化膿するリスクのある素材なのです。

そのため、ファーストピアスを樹脂製・クリアな素材で過ごした人は、そのままつけっぱなしにするよりも、安全なセカンドピアスに切り替えたほうが良いと言えます。

セカンドピアスを選ぶポイント

そのため、セカンドピアスもある程度つけっぱなしにすることを前提で選びたいのですが、気を付けていただきたいポイントは3つあります。

①耳に引っかかるピアスヘッドにする

ファーストピアスもそうですが、初期に見かけるピアスはピアスヘッドの小さいものが多いです。

引っかからなくて便利ですが、ヘッドが小さすぎるとピアスが皮膚に埋まってしまう可能性があります。

「埋まって取れない…」となったら、病院で取っていただかなくてはいけなくなる場合もあるので、極小粒ピアスは、ホールが安定したら楽しみましょう。

②ポストの太さをファーストピアスに揃える

ピアスホールは身体にとって傷口のようなもののため、ピアスを外しているとこの時期のピアスホールは数時間で埋まってしまうことがあります。

それと同じ要領で、ファーストピアスよりも細いポストを使えば、身体はそれに合わせてピアスホールを狭くします。

ピアスはデザインによって微妙にポストが太いものがあったり、アメリカ製のピアスや樹脂ポストは日本の一般的なピアスよりもポストが太くできていたりするので、後々のことを考えると最初からホールを狭くしてしまう選択は避けておきたいです。

“ファーストピアスと同じ太さ”を選ぶのが良いでしょう。

注意
ファーストピアスより太いポストはこの時期のピアスホールに負担が大きく、傷ができる原因になりかねません。“同じ太さ”にしましょう

③金属アレルギーになりにくい素材を選ぶ

プランプピアス シルバー925
プランプピアス シルバー925

これは、私が当時ぜんぜん意識できていなかったことです。もしかこのすると、この時期に失敗したから、私はピアスをするようになった直後、金属アレルギーになったのかもしれません。

この時期の金属選びはとっても大事です。

繰り返しになりますが、ファーストピアスからセカンドピアスを経てホールが安定するまでの期間は、金属アレルギーを発症しやすい期間です。

なので、金属選びにはぜひ気を配っていただきたいのです。

金属アレルギーが起きやすい金属

  • ニッケル
  • スズ
  • クロム
  • 水銀
  • 亜鉛

どうでしょう?ニッケルは「ニッケルフリー」というアクセサリーで聞いたことがあるかもしれません。

でも、そのままの金属名で売っているアクセサリーはほとんどありません。

私が見てきたアクセサリーで、ここに当てはまるから避けていただきたい素材名は・・

  • 合金(ニッケルが含まれる)
  • ニッケルフリー(ニッケルが含まれる)
  • ピューター(スズが含まれる)
  • 真鍮(亜鉛が含まれる)
  • 亜鉛合金(亜鉛が含まれる)
  • チタン合金(ニッケルが含まれる)
  • ステンレス(ニッケル・クロム・鉄が含まれる)

結構ありますが、このあたりです。

販売する人も素材が分からないものは、“合金”と一括りで呼ばれています。

この中で間違いやすいのは、“ニッケルフリー”と“チタン合金”。販売店によってはこれらを“金属アレルギー対応”と呼んでいますが、

ニッケルフリー=ニッケル含有量が少ない

という意味で、実質ニッケルが含まれているため金属アレルギーは発症します。

チタン合金=チタンとその他の金属の合金

チタンはとても安全な金属ですが、“合金”の方には高確率でニッケルなど安価な金属を使っているケースなので、注意してください。

金属アレルギーが起きにくい金属

  • プラチナ
  • 純チタン

このあたりが有名で、これらの金属は付加価値があるため大体のアクセサリーにはそのまままの素材名が書かれています。

  • プラチナ→「プラチナ」や「Pt」
  • 金→「K18」
  • 銀→「シルバー900」や「シルバー925」
  • 純チタン→純チタン

金属価格が安価ではないので少し値は張りますが、先を見据えて、ぜひピアスホールに負担が少ない素材をおすすめしたいです。

注意点は、これらの金属でメッキ処理をした「シルバー925プレーティング」とか「18KGP/合金」のアクセサリー。

  • 〇〇プレーティング
  • 〇〇メッキ
  • 〇〇KGP

↑これらはすべてメッキ処理の表記なので、芯になっている金属が分からない限りは選ばない方がおすすめです。メッキがどのタイミングで剝がれてしまうのかが分からなくて不安だからです。

大振り・天然石系は、安定するまで避ける

できるだけつけっぱなし…ということは、お風呂でもつけたままでいられるのかも大切です。

大振りのピアスってすごく可愛いですよね。でも、洋服の着脱に引っかかりやすい点で、つけっぱなしには向きにくいと思います。

天然石もとっても可愛いんですが、水に弱いものが多く、せっかくの天然石を使えないものにしてしまう可能性があります。

どちらもとっても可愛いピアスですが・・安定してからの楽しみにしておきましょう!

安全に安定させて、自由なピアスライフを♪

おしゃれがしたくてピアスホール開けたのに、ピアスホール安定するまで結構長いな~・・

という気持ちになるかもしれません。というか、私がそう感じていました。

一体いつになったら色んなデザインを自由に着けていいんだろう?と。

これは「ピアスホールが安定するまで」ということになるんですが、「それっていつ??」って感じですよね。

ピアスホールの安定時期には個人差があって、ズバリいつ!とお伝えできないことが辛いのですが、長くて約1年かかると言われています。

  • ワセリンや軟膏を使わずに着脱できるか?
  • ピアスを前後に動かしても痛くないか?

セカンドピアスを1ヶ月程度つけてから、↑これらをチェックして問題なければ、セカンドピアスを卒業して「着けてみたい!」と思っていたピアスを楽しんでください♪

しばらくは、この後もピアスに違和感を感じたらセカンドピアスにすぐ戻って様子を見てみる、ということをお忘れなく^^

金属アレルギーについてもっと知りたい方へ

中にはすでに金属アレルギーを発症してしまった…という方もいるのではないでしょうか?

金属アレルギーになったら、もう可愛いピアスもネックレスもリングも、ぜんぶ諦めるしかないの??

そう10年くらい思い込んでいた私のような人が、間違ってオシャレを諦めないために「金属アレルギーはじめてガイド」を作りました↓

LINEにお友だち追加すると見られます◎

当ブログの記事でも書いていることの中で、はじめに知っておきたいこと&必要なことだけまとめているので、ふとした時の確認用にもぜひ使ってください♪