信頼関係は、利害関係を越えたところにある

先日、昔のバイト先の後輩どうしが

結婚して、その結婚式にご招待いただきました。

素敵な白い花束を、帰りにいただきましたー(^^*)

 

学生時代のバイト先の後輩で、

数年ぶりに連絡をもらってご招待いただいた時

私は

「二人はいつから付き合ってたの!?」

という所からのスタートでした。笑

 

バイトをやめてから

8年は経っています。

 

それだけ時が経っていても、

その間会うことも全くなかったのに、

こうして声かけていただけるのって

本当に嬉しい。

他にも、当時の先輩後輩が

ある程度集まっていたことに

嬉しいなあというか、

「あったかい」なあと思いました♡

 

 

私はフリーになってから

一人で仕事することが多いですし、

仕事が好きで、仕事人間な所もあるので

人間関係は、仕事関係とイコールになりがちです。

お互いに利害関係があってこそ集まる打ち合わせが

結構、当たり前になっていました。

 

 

利害関係を抜きにして、ただただ

「みんなとまた会いたい」という約束って、あたたかいですよね。

 

 

メリットがあるのかないのか

お金になるのかならないのか

そういうことではなく、

ただ「大切な人をお祝いしたい」とか

「この人を助けたい」とか

そういう純粋な奉仕したい感情というか

 

 

ビジネスや商売なら、利害関係があって当たり前ですが、

パフォーマンスが上がるためには

「どれだけ相手の役に立つのか?」っていう

純粋な奉仕の精神的なものをどれだけ

お互いに持てるかどうかで、

ビジネスなら想像以上のものが生まれる。

 

 

心があたたまるような人間関係って、

どんな生活・働き方をしてるかではなくて

自分のあり方によると思いました。

 

当時のバイトメンバーとの人間関係は、

なにも利害関係がなく

こんなことを言ったらどう思われるだろうかとかもなく、

自分の好きなことや嫌いなことは

普通に話すような関係です。

気楽、という言葉がちょうどはまりますかね。

 

 

時と共に、大人になるにつれて

そういう人間関係って自然と少なくはなってきがちですが、

心があたたまるような人の輪は、

自分からどんどん広めていきたいなと

心が温まることで、改めて思いました。

 

 

そして、

時が経つと変わって欲しくないものが

変わってしまうこともありますよね。

それでも

何年経っても絆が変わらない新郎新婦に感動しました(^^*)

 

 

当店でご紹介しているアクセサリーは、

エンゲージリングのような

人生の節目を飾るようなものではありません。

あくまで普段使いのアクセサリーですが、

アイテムによっては、こういった結婚式でも

使っていただけることを目標に、

アイテムのセレクトをしていきたいと思います(^-^)*.。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です