シルバー925が金属アレルギーでも使えるって本当?その特徴や魅力を解説!

こんにちは!Roloアクセサリーのあきです。

最近よく見かけるシルバー925のアクセサリー 。

女性

…シルバー925ってなに??

という方のために、シルバー925の特徴や魅力を解説します(*^^*)

シルバー925とは?

シルバー925 ムーンストーンリング
シルバー925 ムーンストーンリング

シルバー925 とは、シルバー=銀の含有率(純度)が92.5%でできている金属のことです。

なんで100%で作らないの?

92.5%という数字から、そう感じる方が多い金属です。

かと言って、「‥混ざり物にして安くしようとしてるの?」というと、そうではなく、シルバーがとても柔らかい素材だからです。

そのまま使うにはアクセサリーとしては不向きな素材なので、アクセサリーとして使えるようにシルバーよりも固い金属を混ぜて強度を上げ、日常使いできるように堅くしています。

ちなみにシルバーをはじめてアクセサリーに使用したのは、有名なアクセサリーブランド “ティファニー”です。

 

手に取ってみると分かるのですが、シルバー925は量販店のアクセサリーに比べるととても金属が柔らかく、オープンリングは自分で簡単にサイズ変更ができちゃいます。

7.5%に含まれている金属はなに?

もし、私と私と同じ金属アレルギーさんなら、銀以外の金属が心配になりますよね。

シルバー925 の合金は、が使われるのが一般的です。

ですが、シルバー925の中にもニッケル・コバルト・アルミニウムといった、一般的には金属アレルギーを引き起こしやすい金属を割り金(わりがね)に使用しているものも沢山あります。なので、「シルバー925」を一括りにはしにくく、ものによってはその割り金が原因で、金属アレルギーを引き起こしてしまうケースがあり得ます。

プラチナシルバー925は金属アレルギーになる?シルバーの指輪やネックレスがかゆくなる人の原因と対策

スターリングシルバーとの違い

シルバー925 ゴールド ピアス 丸 円
ハーフビジューゴールドピアス シルバー925

シルバー925は、別名でスターリングシルバーとも呼ばれています。

スターリング(STERLING)には、「価値のある」「本物」という意味があります。

ただ、スターリングシルバーと名乗っていいのは残りの7.5%が全て『銅』でできているものだけです。

日本のジュエリー協会では、

シルバー925の銀合金のうち、銅のみを使用しているシルバーのみ「スターリングシルバー」と名乗ってよい

と定めています。

金属アレルギーさんがシルバー925を選ぶ注意点

これらを理解した上で、フリマアプリに物凄く安いシルバー925を見たことありませんか?

「シルバー925の割にお得だねー!」と第一印象は良い気がしますが、金額だけの理由で購入すると、失敗するかもしれません。

繰り返しになりますが、シルバー925に使用されている割り金が、銅でも、ニッケルでも、コバルトでもアルミニウムでも、それらはすべて「シルバー925」です。

特にフリマアプリは、売ってる方もその商品詳細までは知らずに無自覚で偽物を販売している方も多いです。なので、購入する際は、販売者様が素材を理解して売っているかを見極めないといけません。

正直、見た目で見分けをつけるのは無理ですが、よく見ていくと「その値段では、原価も下回っているはず‥」というものが少なくありません。

関連記事↓
シルバー925のピアスやリングに偽物?刻印の信憑性や失敗しないための注意点

 

なのでRoloでは、商品を厳選した上で、最終的に自分の金属アレルギーの私自身で検証をした後に、商品を採用することにしました。

ハラハラとしながら商品を選びたくないですし、選んで欲しくないと思います。

良かったら覗いてみてくださいね↓

金属アレルギーさんのためのアクセサリーショップ【Rolo】

シルバー925の魅力

1: 錆びにくく、何十年も先まで使える輝き

シルバー925は、錆びることがほとんどありません。
黒ずみができて錆びちゃった〜と思った方も
いるかと思いますが、実は酸化ではなく
硫化という反応なので、サビではありません。
硫化によって黒くなったシルバーは、
世に言う「いぶし銀」と呼ばれます。
デザインによってはカッコ良く、
使い古された大人な感じがでてきて、
味のある風合いとして愛されています。
革小物でいう「本革」のような感じですね(^^)
お気に入りのアクセサリーとして、長く使うことができるのが本当に素敵なポイントです◎

2: 金属アレルギーになりにくい

錆びにくい → 銀イオンが汗で溶け出にくい
ということが、金属アレルギーになりにくい原因にも繋がっています。
金属アレルギーは、汗や皮脂をきっかけに金属から銀イオンが溶け出して生まれたアレルゲンが、身体の中に蓄積されて一定量を超えると突然なります。
だから、これまで大丈夫だったアクセサリーでも金属アレルギーになって急に使えなくなるケースがあるのです。
私は金属アレルギーになって以来、ニッケルフリーはピンキーリングもダメ、チタンポストはたった2日で我慢できないくらい痒くなりました・・・。
関連記事↓
はじめて私がシルバー925が使えることを知った時の記事はこちら↓
また、金属アレルギーになりにくい金属は
  • プラチナ
  • ゴールド
  • シルバー
  • 純チタン
これらが有名ですが、この中で比べると、シルバーはまだ比較的安価に金属を手に入れやすく、結果、販売価格もゴールドやプラチナ製品よりもお求めやすくなっています。
金属アレルギーさんが日常のおしゃれに取り入れるのには、有り難い価格帯が多いのです。

3: 柔らかい

淡水パール×リングピアス シルバー925
淡水パール×リングピアス シルバー925

シルバー925は、柔らかい素材なので

ピアスのポストも自分の手で力を入れたら簡単に曲がります。

ポストを曲げるシーンは普通はないので大丈夫と思いますが、

普段使いで「ちょっと曲がったかも?」と思っても、かんたんに戻せますので、優しくもとに戻してあげてください。

金属アレルギーさんのアクセサリー選び

私はシルバー925に出会ってから、いまはこれまで購入することができなかったデザインのメタルピアスや、リング、ネックレスを、毎日使っています*.。

「アクセサリーなんて着けなくても何とかなる」

と昔は言い聞かせていましたが、もともとアパレルが好きで、おしゃれが好きだったので、お買い物をしていれば合わせて見かけることも多く、やっぱりアクセサリーができないことに残念な気持ちを忘れることはできませんでした。

なので、ちょっとしたアクセサリーを試してはいつも失敗することを繰り返し、でも何が原因だったのかよく分からないまま時が過ぎ、私が金属アレルギーでも本当に使えるアクセサリーを知ったのは、それからもっと後のことでしたが、できれば早く知っておきたかった・・・。と、発見したときに思ったことがきっかけで、Rolo(ロロ)を始めました。

 

シルバー925は、アクセサリーとしての輝きを長く楽しめるのも魅力ですが、金属アレルギーになった人でも使える、というのがやはり大きな魅力です。

 

「金属アレルギーでも本当はおしゃれがしたい」
「金属アレルギーでもアクセサリーが欲しい」

こんな方のお役に立てれば幸いです(*^^*)

関連記事↓

もう失敗したくない!金属アレルギー対応アクセサリーの選び方

 

▼金属アレルギー対応アクセサリーブランド Rolo(ロロ)
https://roloshop.thebase.in/

7 COMMENTS

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です