パラジウムとは?金属アレルギーとの関係について

こんにちは!

金属アレルギーになってから、アクセサリーで知らない金属を見かけると、すぐ調べたくなるRoloアクセサリーのあきです。

今回は、いざ見かけると「何?」ってなりやすい、「パラジウム」について解説します。

どのように使われ、金属アレルギーさんへの影響はどの程度なのか??というところも、書いていきます!

パラジウムとは?

Palladium.jpg
↑パラジウムの外見。出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

パラジウムとは、金やプラチナと同じ貴金属の仲間で、錆びにくく、変色もしにくと言われ、シルバー色の綺麗な金属です。

プラチナの方が明るいものの、見た目がそっくり。

アクセサリーや宝飾品に使われたり、銀歯にも使われています。

パラジウムの主な用途

パラジウムは、歯科治療の「銀歯」

アクセサリーではプラチナやゴールドのアクセサリーの割金として使われることが多い金属です。

プラチナには「Pt」

ゴールドには「K」という

それぞれの含有率表記があり、純でないかぎり、パラジウムをはじめとするほかの金属と合金にしています。

関連記事↓

アクセサリーに使われる金属の種類について

パラジウムは金属アレルギーになる

プラチナは金属アレルギーになりにくいって聞いたんだけど・・・割金に使われるパラジウムで金属アレルギーになるとも聞きました。

このよくある疑問は、やはりパラジウム自体は金属アレルギーを引き起こしやすい金属だからです。

見た目はプラチナみたいで

変色しにくい・錆びにくい

ことから、「金属アレルギーには関係ないのかな?」と思いそうですが、実は金属アレルギーの症例で最も有名なニッケルと属性は同じ

ニッケルよりは金属アレルギーをはっきり感じる方は少なく、アクセサリーやジュエリーではそんなに厳しくありませんが、歯科業界では人体への影響が問題視されています。

そのためドイツの歯科医療では「銅を含有するパラジウム合金は使用しないこと」とハッキリ勧告されています。

パラジウムが含まれているアクセサリー

そんなパラジウムは、宝飾品ではかなり使われています。

  • プラチナ Pt900
  • ホワイトゴールド
  • シャンパンゴールド
  • ピンクゴールド

あえて表記されなくても、プラチナ合金のアクセサリーには、ほとんど使われていると思ったほうが良いでしょう。

なぜプラチナに使われているのか?それは、パラジウムはプラチナとの相性が抜群なのだからだとか。ほかの金属でもアクセサリーとして強度を上げることはできますが、美しさや相性を考えると、パラジウム以上にプラチナと相性がいい金属はないようです。

とはいえ、金属アレルギーの自分としては、じゃあプラチナアクセサリーはひとまず諦めるべきか・・・と思ってしまうのですが・・・

普段は金属アレルギーに悩まさている人でも、何も起きない人がいることも事実です。現在使えているプラチナアクセサリーがあれば、使用しても大丈夫と言えますが、もしもプラチナアクセサリーで金属アレルギーが起こった場合は、このパラジウムが原因になったと考えるのが妥当です。

MEMO
プラチナジュエリーは、結婚指輪のような替えのきかない特別なジュエリーでよく使われています。もしこれから購入予定があれば、素材の相談を事前にお店へ行ったり、血液検査式のアレルギーテストを早めに行っておくと、あとあとの面倒がなくなるので、手間はかかりますが調べてみてください。

もしもそれで金属アレルギーが起きた場合は、以降プラチナをアクセサリーにするのは避けたほうが良いですが、もし、1点9~30万円前後の予算があれば、純プラチナアクセサリーというのも存在します。

普段使いには、高価すぎて使いにくいかもしれませんが…プラチナをどうしても使いたい場合は、そういう選択肢もあります。

金属アレルギー対応のアクセサリーショップRolo

Roloは、金属アレルギーによる、金属アレルギーさんのためのアクセサリーショップです。

取り扱いは主にシルバー925 製品が多いです。

シルバー製品は錆びにくく、長く愛用していくと硫化によって少し変色することもありますが、簡単なお手入れで元の色味に戻ります。

また、硫化現象は「いぶし銀」とも呼ばれ、味わい深いデザインとしても親しまれています(^^)

各商品、モニターテストを実施

シルバー925のアクセサリーの中には、実は割金にニッケルを使ったものや、実はシルバーの含有率が92.5%以下なのにシルバー925と謳っている、いわゆる偽物も市場に存在しています。

関連記事↓

シルバー925のピアスやリングに偽物?刻印の信憑性や失敗しないための注意点

Roloでは、こういった問題のせいで金属アレルギーさんが

「結局かゆくなった…」という残念な経験をしては、元の子もないと考えています。

そのため、1つ1つのアクセサリーを、金属アレルギーである私自身で事前にモニターテストを実施。

本当に使えるかどうかを確認した後、取り扱いを決めて、販売しております。

今後、他の金属を取り扱う際も同じく使用テストを継続して行います。

まとめ

パラジウムについて、ちょっとだけ理解が深まったでしょうか??

プラチナと非常に相性が良く、アクセサリーでは主にプラチナ・ゴールドの割金で使われている。

ニッケルと近い属性で金属アレルギーを引き起こしやすいので、購入時は記載がなくてもプラチナ製品の事前確認は必要。

疑問をはっきりさせて、アクセサリーライフを楽しみましょう(^^*)

 

▼金属アレルギー対応アクセサリーブランド Rolo(ロロ)
https://roloshop.thebase.in/