LINEお友だち追加で300円OFFクーポンプレゼント中

スターリングシルバーとシルバー925の違い|アレルギーとの関係

こんにちは!Roloアクセサリーのakiです。

女性

…「スターリングシルバー」って何?

という方のために、スターリングシルバーとは何か、シルバー925とは何が違うのか、お手入れ方法、金属アレルギーさんにとっての注意点などまとめます。

スターリングシルバーとは?

スターリングシルバーとは、銀の含有率が92.5%・残り7.5%が銅でできた銀合金のことです。別名「シルバー925」と呼ばれ、ジュエリーやアクセサリーではこちらの方がよく聞かれるかもしれません。

スターリング(sterling)には「価値ある」「本物の」という意味があります。

純銀は金属が柔らかすぎるため、アクセサリーに使う場合は主にスターリングシルバー(シルバー925)が採用されています。

スターリングシルバーとシルバー925の違い

日本のジュエリー協会では

シルバー925の銀合金のうち、銅のみを使用しているシルバーのみ「スターリングシルバー」と名乗ってよい

と定めています。

つまり

7.5%の割金が銅など他の金属でできているものの総称が“シルバー925”

その中でも

7.5%の割金が銅だけのものが“スターリングシルバー”

銀92.5%なら全てシルバー925で、その中でも銅と2合金だけのものがスターリングシルバーということです。

シルバー925も大抵のものは「銅」が使われていますし、スターリンシルバーもシルバー925もほとんど同じ意味で使われることが多いですが、シルバー925の中にはアルミニウムやニッケルなど、銅とは違う金属が使われるものもあります。

表記や刻印について

スターリングシルバーとシルバー925には、先ほどのように「割金が銅だけか他の金属も合金にしているのか」の違いがあります。

ただアクセサリーへの刻印は共通して「925」「SV925」「S925」とされているので、刻印だけで見分けることはできません。

MEMO
ちなみにこの刻印を刻む義務はありませんので、シルバー925でも刻印のない商品があります

そのため、スターリングシルバーかシルバー925かは表記頼りになりますが、製造国によって「スターリングシルバー」に対しての見解が少し違うケースがあります。気になる場合は、購入前にお店にお問い合せしてみるのもおすすめ。

スターリングシルバーと金属アレルギー

シルバーは金属アレルギーを引き起こしにくい金属です。

私も金属アレルギーですが、シルバー925のおかげで何を使ってもダメだったのに自分でも色んなアクセサリーが使えることを知りました。

なので、スターリングシルバーは金属アレルギーでも使えると経験から言うことができます。しかし先ほどのようにシルバー925の中には7.5%の割金の中にニッケルが入っているものも存在しています。

これは金属アレルギーさんにとって重大な問題。

ニッケルは、含有量が少ないニッケルフリーであっても金属アレルギーが起きるため「含まれない」ことが重要なのです。

aki

金属アレルギーの方は「シルバー925」なら何でも良いのではなくポイントを確認しながら選ぶのが大切です!

▶︎Roloのシルバー925コレクション

また、いま金属アレルギーではない人も金属アレルギーになりやすい金属を使っていると突然発症してしまうものなので、注意は必要です。

銅は金属アレルギーでも大丈夫?

では割金がすべて「銅」だったら大丈夫なの??という疑問があるかもしれません。

金属アレルギーを引き起こしてしまう確率ではパラジウムやニッケルのほうが高いものの、体質によって銅も金属アレルギーの引き金になってしまうことがあります。

aki

シルバー925を使っていても私は何も反応がありません。銅の場合は含有量がカギになっているように感じられます。純銅ピアスや真鍮(ブラス)など、銅がメインの金属は避けておいたほうが良さそうです。

シルバーのお手入れや保管方法

シルバー ポリッシング クロス シルバー925

シルバーは錆びにくい素材ですが、空気の硫黄分に反応し放置しているとだんだん黄〜黒色へと変色していきます(硫化現象)。

シルバーを使用したらクロスで軽く拭き取り、ジップ付きのポーチなどできるだけ密閉保管を心掛けましょう。

以下も参考にされてみてください。

aki

シルバーアクセサリーを選ぶときに参考にして頂き、かつ金属アレルギーも予防していただけたら幸いです♪