ピアスホールからへんな液体が・・化膿の原因や対処法について

こんにちは!金属アレルギーのあきです。

私は金属アレルギー症状が出ると、かゆみ・赤みと同時に、ピアスホールから謎の液体が出てきたことがあります・・。

ピアスホールから謎の液体が出てきたら、おしゃれも安心にできず不安になりますよね。放置しても大丈夫な場合と、ダメな場合があります。

今回は、このピアスホールから出てくる謎の液体は何なのか?原因と対処法を解説します!

液体が出てくる3つの理由

液体

ピアスホールから液体が出てくる理由は、主に3つあります。

  1. ピアスホールが化膿した
  2. ピアスホールから組織液が出てきた
  3. 金属アレルギー反応

自分がどれなのかは、液体の色や痒みからも判断できます!

1. ピアスホールが化膿した

ピアスホールが化膿すると、液体は黄色から黄緑色に濁っています。

乾きにくくてネチャネチャ、ネトネトと粘り気があるのが特徴です。

そして、すごくかゆいです。。。

耳に着けているピアスをいじりすぎたり、身体の免疫力が落ちたり(疲れていたり)すると、細菌感染で化膿しやすくなります。

そのまま放置はNG。気付いたら、必ずピアスを外してシャワーやお湯で洗い流しましょう。

MEMO
硬いキャッチは耳を強く圧迫してしまい、それだけで夜には耳から流血することがあります。耳たぶが分厚い人・金属アレルギーの人は、ピアスホールには本当に優しくしましょう…

2. ピアスホールから組織液が出てきた

液体が、白から薄黄色くらいで全体的に透き通っていれば(血液が混ざることもあります)組織液が出てきたのかもしれません。

かゆさはありません。時間が経つと、液体がパリパリで、カサカサとサラッとしています。

組織液が出てくるのは、身体の普通の反応なので異常があったから出ているわけではありません。心配しなくても大丈夫です。

なんだか気になって触りすぎるとピアスホールを傷つけるので、触りすぎず、放置しててもOKです。

3. 金属アレルギー反応

液体が、白から薄黄色くらい、全体的に透き通っていますが、かゆみ、赤み、発疹が伴う場合は・・金属アレルギーです。

最初はかゆみがないこともありますし、数回程度だと「化膿しちゃったのかな?」としか思わず、気付くのに時間がかかることもありますが、同じアクセサリーで2回以上同じことが起きてしまったら、まず疑いましょう。

ピアス

金属アレルギーは、皮膚が弱い箇所ほど、症状が出やすいです。

そのため、ピアスはネックレス・リング・ブレスレットなどよりも金属アレルギーを発症しやすい箇所です。かゆくなったら、まず対象のアクセサリーを外しましょう。

金属アレルギーだと、そのまま同じピアスを使うことはできないので、素材を変える必要があります。

ただ金属アレルギーの厄介な点は、なんの金属がアレルギーなのかを病院で診断しない限り、その後使うアクセサリーは、「とにかく身につけてみないと分からない」ということです…。

化膿した時の対処法

1. ぬるま湯・シャワーで汚れを落とす

まずはぬるま湯やシャワーと石鹸などで洗い流しましょう。

この時、消毒液を使いたいという方がいますが、消毒液のアルコールは傷口に使うと刺激が強くて新しくかぶれる原因になります。石鹸程度で十分なので、消毒液は使わないようにしましょう。

洗い流したら、清潔なティッシュやガーゼで、膿を取り出しましょう。

2. 膿は取れなければ一旦そのままで

膿に気づいたら、気になって意地でも取りたくなる方もいますが・・カサブタと同じく、無理に引きはがすとさらに炎症するので、無理して引きはがさず、ずっと取れなければ、我慢せずに皮膚科を受診しましょう。

3. 症状がひどい方は皮膚科で軟膏を

病院 皮膚科

化膿・肌荒れ・金属アレルギーを一通り経験した上でおすすめしたいのは、症状がひどい時は病院の軟膏を使うほうが治りがはやいことです。

ちょっと市販よりもお値段は上がるかもしれませんが、差額以上の効果はこれまで感じてきたので、ひどい時は市販より処方していただくことをおすすめします。

金属アレルギーの場合のピアス選び

アクセサリー

原因が金属アレルギーだった場合、化膿が落ち着いても今度は「ピアスをつけることができない・・・」という悩みに当たりますが、金属アレルギーになったからといって、アクセサリーを諦める必要はありません。

金属アレルギーでも使える金属はあります。

「金属アレルギーになりにくい金属」の記事も参考にしてみてください▼

金属アレルギーって治るの?かぶれたら、症状の出にくい素材で乗り切ろう!

アレルギーさんがまず避けるべき金属表記

  • 合金
  • ニッケルフリー 、ノンニッケル
  • 〇〇ポスト

金属アレルギーなら、まずこの3つの表記は避けましょう。再び耳から液体、ボツボツが発症する確率が高いです。

「合金」としか書いていないものは、私の経験上、ニッケルなどの金属アレルギーを引き起こしやすい金属のケースしかありませんでした。例外なしで避けるべきです。

とくに「ニッケルフリー 」は「金属アレルギーにも優しいニッケルフリー 」と表記している商品がたくさんあるので、一見、「大丈夫なのかな??」と思われがちですが、私はニッケルフリーもノンニッケルも金属アレルギーになりました。

この表記は「ニッケルを含まない」という意味ではありません。

関連記事↓

ニッケルフリーがかゆい原因って?ニッケルフリーとは

〇〇ポスト

「〇〇ポスト」は、使えるデザインが限られています。なぜなら、ポストだけをアレルギー対策してもほとんど意味がなく、本体の金属が耳に触れて結局は金属アレルギーを引き起こしたからです。汗

例外に、ポスト以外がアクリルでできていたり、長くて垂れ下がったデザインのピアスなら、耳に金属が触れないという理由で、安全なものもあると思います。

でもそこを注意しながらショッピングするととても時間がかかる上に、かけた時間のわりに失敗する可能性があるので、もう最初からその基準でピアスを選ばない方がおすすめです。

金属アレルギーになりにくい金属を選ぶ

避ける金属はなんとなく分かった。その上で、さっきの3つ以外ならなんでも大丈夫なの?というとそれは違います。

例えば、よく金属アレルギーになるのか?ならないのか?と浮上してくる金属に「亜鉛」「ステンレス」「真鍮」があります。

真鍮は最近、おしゃれなアクセサリーでよく見かけますし、ステンレスはサージカルステンレスも有名ですよね。

ショップ様によって色々な表記がありますが、どうしても、自分がなんの金属でアレルギーになったのかを病院で明確にしてもらっていない限り、100%大丈夫と保証するものは何もないことだけは確かなのです。。。

それでも、診断してもらうことにわざわざ時間をかけ、病院に行くことが億劫な人もいますよね。

そんな方に知っておいていただきたいのは、金属アレルギーを引き起こしにくいと言われる金属です。

一般的に金属アレルギーの方でも良く使われている金属は

  • ゴールド(金)
  • シルバー(銀)
  • 純チタン
  • プラチナ

私も、金属アレルギーになって以降、つけていても大丈夫だった金属は、プラチナとシルバーです。

金属アレルギーさん向けアクセサリーショップRolo

Roloでは、私の金属アレルギーな実体験を踏まえて、同じ金属アレルギーの方に、ストレスフリーなお買い物をして、安心してアクセサリーを使ってほしい

という想いから商品を選んでいます。

金属アレルギーの私がセレクトした後に、1点ずつ、着用テストをした結果を見てから商品を出品しています。

金属アレルギーの自分でも使える金属が分かるようになると、使いながらヒヤヒヤすることもありませんし、ピアス選びも自由で楽しくなりますよ(*^^)

良かったら、覗いてみて下さいね!

液体の感触で、はやめの対処を

如何でしたでしょうか??

ちょっとネバつきのある液体が出てきたら、ピアスホール周辺を水洗いして、落ち着くまでピアスはせずに様子を見ましょう。

サラッとしているなら、ただの組織液なので気にしなくても大丈夫でしょう。

 

そして、金属アレルギーが疑われる場合(例えば、同じアクセサリーを付けるたびに周りの肌がボロボロになった等)は、使う金属を変えていく必要があります。

私は往生際が悪く、ピンキーリングならいけるか!?と色々試した時期もありましたが、やっぱり金属アレルギーは、金属がダメならサイズが小さくても関係ありませんでした(^^;)

当たり前ですよね・・。

 

皆様はこんなことをしなくても良いように、耳の異常には早めに対応してあげてくださいね*.。

 

▼金属アレルギー対応アクセサリーショップ Rolo(ロロ)
https://roloshop.thebase.in/

2 COMMENTS

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です